アクセルブログ

タイヤをはじめとしたカー用品から車検まで、
車のことなら秋田市土崎のアクセルにお任せください!
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

SUGO180耐感 (180分耐久レース)

いつもお世話になっております、アクセルです。

 

毎日毎日図鑑を読みあさる日々が続いていますが、自分が小学校の時に一番飛ぶ(幅跳び)動物は、トムソンガゼルで12mだったとしっかりした記憶があるのですが、今はユキヒョウの15mになっていました。

 

動物も研究されているんですね〜

 

 

さて、かなり久しぶりにサーキットに行ってきました。

今回は、レクサスCCS-Rでの参加で、メンバーは私以外はレース経験がとても豊富な方々ばかりで、私は車の調子を見て、ちょっと転がす程度と雑用で行きました。

 

レース前に完熟走行という、コース確認と自分の車両の確認をする時間があるのですが、そこで奥様方2人に運転してもらいました。

 

 

本物のレースカーでサーキット走行という経験はなかなか無いので、どうしても経験して欲しくて強制的に走ってもらいました!

 

奥様2人が、ズボボボボ〜と直管V8を轟かせて走らせている姿はちょっと笑えました(笑

 

 

 

予選は名古屋から強制参加のドライバーにお願いしました。

 

 

走行前は、いつも両手を足の上に揃えて乗せてじっとしています。

 

 

難しい顔で精神集中しています…。

 

メットのバイザーは、 『I ハートマーク The Ring 』。

多分ニュルブルクリンクが好きなんだと思います。

 

彼はいつもいじらせてもらっていますが、全てが一流の尊敬している友人です。

人間的にも、考え方も、応対も、腕も、一流です。

 

写真を撮られる時のポーズだけ、なんか変ですが…。

 

 

3周走行して34秒で戻ってきて、予選はポールポジションです。

 

 

スタートはローリングスタートです。

2位の996GT3は動きも良く速い車だったので、ローリングスタートでなければオートマといえども多分1コーナーまでで抜かれたと思いますが、順位変わらず1周目が終わり、決勝なのにタイムアタックをして33秒で2周走行した後は、35〜37秒で走り続けました。

 

 

順調に走行を続けていたのですが、3人目のドライバーに変更した直後…

 

 

タイヤがバーストしてしまい、リタイアとなりました。。。

 

ピットまで戻ってタイヤ交換もしたのですが、振動が出ていたので足回りにダメージがあったと判断してリタイアです。

 

結果は残念でしたが、初めて一緒にレースをしたお二人と奥様達にとても楽しませてもらいました。

 

今までの自分は、サーキットに行くと絶対にタイムを出さなければならない、とか勝たなければならない、という気持ちが強く、どこか純粋に楽しめない部分がありましたが、今回は『仲間とサーキット遊び』という感じで、楽しかったです。

 

サーキットもタイムを出す、勝つ、というのも楽しみ方の一つではありますが、

車の動きを感じる

何故このような仕様でトヨタとTRDが完成させたのかを考える

0.3秒遅いだけでタイヤが何倍も長持ちする

0.5秒遅いだけで加速度的に痛むパーツが傷まない

同じタイムでも車にダメージが無いように

 

等々、テーマを持って走行すると経験値も格段に上がると思います。

 

ノーマル車両でも、ヨーコントロールを常に意識していると車の運転は巧くなるはず。

サーキット走行で得た経験と知識を、無事故無違反に繋げていきたいと思います。

 

みなさん、楽しい時間をありがとうございました!

 

 

 

 

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

タイヤ交換時の点検

いつもお世話になっております、アクセルです!

 

昨日読んだ図鑑は「動物」です。

 

動物園で見る動物は、意外に遠目で見ているので大きさが分かりません。

比較対象も木ぐらいしかないので、どれほど大きいのかが分かりませんが、意外に大きい動物が多いです…。

 

アフリカ象  体長6〜7m 体重5トン〜7トン

アジア象   体長5〜6m 体重4トン〜5トン

 

象は、大体想像通りだけど、重いな!というのが正直な感想です。ワゴンRでいうと7〜8台分の重量です。

 

シロサイ 体長4m 体重2トン〜3トン

カバ   体長4m 体重2トン〜3トン

 

カバが思っていた以上にデカイです!

 

ちなみに、

ワゴンR 全長3.4m 重量850キロ

ヴォクシー 全長4.6m 重量1650キロ

ランクル  全長4.9m 重量2410キロ

 

なんと、サイもカバもヴォクシーより短いのに、重量は2台分!

ランクルよりも重い!

軽自動車と相撲したらすぐに寄り切りしてしまいそうです。

 

何がそんなに重いんだ!?

気になります…。

 

さて本日の作業は、タイヤ交換です。

「タイヤ交換しようとしたら、空気が入っていないタイヤがある」

 

皆さんもこんな経験はありませんか?

ゴムバルブ・ムシの劣化と、ホイールのサビ・腐食によるエア漏れが主な原因ですが、完全にエアが抜けている場合は、ゴムバルブの切れかパンクです。

 

 

今回はビスが刺さっていたのでパンク修理をしてからタイヤ交換しました。

 

パンクって意外に気が付かないですよね。

 

私は、サーキットで走行するときは、0.05キロ単位で合わせていて、例えば1.5キロと1.55キロの違いは明確に分かりませんでしたが、1.5キロと1.6キロの違いは分かったし、1.5キロと1.7キロでは全然違うとすぐに分かります。

 

しかしプリウスのリアタイヤがパンクしたときは、なんか変だな〜と気が付いてすぐ車を停止させたのですが、その時にはペチャンコでした。

 

ビスが刺さってからの走行距離が少なかったのか、ビスも削れていなかったし、タイヤが潰れたまま走行した痕もなかったので良かったです。

 

ついでに12ヶ月点検もして、

 

エアエレメントが汚れていたので交換しました。

 

いつもありがとうございます!

 

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ティーダ ロアアーム交換

いつもお世話になっております、アクセルです!

 

最近、こども用の図鑑を見ています。

お風呂に入って、腕を鍛えながらじっくり見ています。

 

昨日は恐竜の図鑑を見ました。

恐竜、私は40歳を超えていますが、我々世代の恐竜は一番大きい恐竜が全長25mのブロントサウルスでした。

そして恐竜の色はみんな茶色でした。

 

ところが、図鑑を見たらアルゼンチノサウルスで、全長35mとあり、恐竜の色も茶色から赤から青から、カラフルになっていました。

 

私が子供だった頃から30年経過しているので、新しい化石が発掘されたのだろうと思いましたが、色までこんなに変わっているということは、色素も分析出来るようになったのか?凄いな〜と感動しました。

 

新しい情報を得ないと、子供達にウソ教えたり、昔話しちゃうんだな、って改めて認識しました。

 

さて、本日の作業紹介は、ティーダのロアアーム交換です。

 

ロアアームのボールジョイントにガタがあると、車検に合格出来ません。

車検に合格出来ないだけでなく、ボールジョイントが折れた場合走行できなくなってしまいます。

 

外したロアアームがこちらです。この大きな部品で使えない部分は、左上のボールジョイント部分だけです。

 

まれにボールジョイント部分のみ交換出来るロアアームがあるのですが、ほとんどの車両がロアアーム丸ごと交換しなくてはなりません。お客様の負担を減らすためにも、早くボールジョイントだけ交換出来るような部品にしてほしいです。

ロアアームを外した状態です。

 

 

こちらが新しいロアアームを装着した後です。

 

一番右側がボールジョイント部分です。

ロアアームを外した状態の写真と比較すると分かりやすいのですが、ここが折れてしまうとナックルを支える部分が無くなるのでタイヤの向きを保持することが出来ません。

 

重要な部品ですが、点検方法は簡単です。

 

タイヤ交換の時に、両手を広げてタイヤをつかみ、左右の手を互い違いに動かしてみてください。

タイヤを浮かせた状態で左右に動かすということです。

 

通常全然動きません。ガタが少しでもあったら点検をお勧めします。

もう1人にボールジョイント部分を見てもらい、そのままタイヤを揺すると、ガタがあればそこが動くのが分かります。

 

走行していては、段差でガコッと音がすることが多いです。

 

もし走行中に普段と違うような変な音がしたら早めに整備工場で確認してもらってください!

 

 

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ヘッドライト磨き

いつもお世話になっております、アクセルです!

 

今朝は5時に起きて洗濯しながら、録画したビデオを見ました。

みた番組は、2週間くらいに放映された「志村けんのバカ殿様」です。

 

志村けんさんがYシャツ・ネクタイを着用し、顔が白塗りのバカ殿、そのまま普通に家族で朝食を食べている場面がおかしくておかしくて、1人で大笑いしていました!

 

変なおじさんといい、なんでこんなに笑えるのか分かりませんが、とにかく志村けんさんが好きです。

 

さて、本日の作業紹介はヘッドライト磨きです。

もうどこでも作業している内容ですが、タイヤ交換のついでで作業しました。

 

右作業前

 

右作業後

 

左作業前

 

左作業後

 

何回も写真を撮っているのですが、磨いた後のヘッドライトは光が反射してしまって、なかなか撮影が難しいです。

 

 

作業した翌日にお客様から、

「自宅前の路地に入った瞬間、ライトの見え方が全然違ってかなり明るくなったよ。ありがとう〜」

と、わざわざ後連絡いただきました。

 

お客様からのこのような一言が非常に励みになります。

いつもありがとうございます!

 

 

 

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スライドピン

いつもお世話になっております、アクセルです!

 

大分冷え込んできましたね。

昨日285号線を通り大館まで行ってきたのですが、道路が見えないくらい落ち葉が溜まっている部分があり、何気なくブレーキ踏んだらデデデデーっとABSが作動して、4輪制御も入り、かなり恐ろしかったです。

 

スタッドレスタイヤは夏タイヤと比較すると、ゴムが柔らかくよく動きます。

 

ドライ路面ではスピードを出すとフニャフニャした感じで、急ブレーキを踏むとすぐにABSも作動して動きも不安定です。

 

特にスタッドレスタイヤに交換した後で、夏タイヤと同じようなスピードで高速道路を走ると、何かあったときに停まらないし、避けられもしないので、皆さん気を付けてください。

 

さて、本日の作業はブレーキ整備です。

 

車検時の分解整備ではブレーキキャリパーを外して清掃しますが、スライドピンという部品が錆びていることがあります。

この部品は、グリスを塗られた上で、ゴムのシールが被さっているので本当は錆びない仕組みなのですが、わずかな水の侵入や、ブーツの切れ、またグリス切れによって少しずつ錆びていきます。

 

錆びてしまうと固着して、キャリパーがしっかりと動かなくなってしまいます。

 

すると、ブレーキを踏みっぱなしの状態、もしくは、内側や外側だけずっとブレーキパッドに力が掛かったまま接している状態になってしまいます。

 

 

そうならないようにスライドピンは、このように磨いて錆を落とし、専用のグリスを塗ってから装着します。

 

ブールが切れているときは、その部品も交換します。

 

何度かブレーキキャリパーのシールキット交換を紹介していますが、ブレーキキャリパーピストンとスライドピンの固着は、ブレーキ動作の異常に繋がるので、しっかりと常に点検しております。

 

アクセルでお預かりした車検整備の車両は、見えない部分ではありますが、このようにしっかりと整備しております!

 

 

 

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ノート給油口交換

いつもお世話になっております、アクセルです!

 

皆さんは新国道のアストロプロダクツをご存じですか?

激安工具を販売しているのお店なんですがなかなか面白いお店です。私がアストロプロダクツの存在を知ったのは7〜8年前だったはずですが、その頃と比べると品質が素晴らしく良くなっています(ハンドツールが特に。工具箱は価格が3分の1と考えれば良いのかもしれません)

 

昔は本当にお安いだけの工具という感じでしたが、最近はスナップオンやマック、KTCなどの良い部分を多分盗みまくって次々に新製品を出しています。特にラチェット部品なんかは、ブルーポイントと工場が同じなんじゃないの?ってくらい見た目も少し渋い感触もよく似ています。

 

私もたま〜にしか使用しないトラック用の工具や、輸入車用の便利ツール、壊してもいいような工具、加工して使用する工具として利用していますが、昨日はオイルジョッキを購入してきました。

 

980円で、5Lの蓋付きのオイルジョッキが購入出来るなんて最高です。

 

 

 

さて、本日の作業紹介は、ノートの給油口交換です。

 

私も自分の車の給油口しか見ていなくて、お客様の給油口は見ていませんでしたが、今度から確認しようと思いました。

 

 

なんと給油口がこんな風になっていました。

 

ガソリンタンクに錆が入ってしまいます。

 

驚いたことに、日産部品にこの部分からガソリンタンクまでのフルキットの在庫がありました。

ということは、こうなる車両が多いという事です。

 

 

給油口の先端だけ交換するか考えましたが、お客様に内容をお伝えして、ガソリンタンクまでの配管も交換しました。

 

 

作業自体はこの車の場合それ程難しくはありません。

 

 

タイヤハウス内が錆びるのならまだ分かるのですが、

 

 

この部分がこれ程錆びてしまうのは、材質に原因があると思われます。

 

 

これからはガソリンを入れる度に、不安にならなくてすみます。

 

昔の車両はフューエルフィルターが付いていましたが、ガソリンの品質もよくなり、またフューエルポンプストレーナーの性能も良くなったので、今の車は着いていない車の方が多いです。

 

するとポンプのストレーナーの次はインジェクターが詰まることになるので、結構大変な事態になる可能性もあります。

 

もし同じような状態になっていたら、早めの交換をオススメ致します。

 

 

今現在、同じような状態になった車両を修理しているのですが、もっと酷くなった状態でクランキングを連続で行った結果(おそらく)、

 

 

燃料タンクから配管から、フューエルデスビ、インジェクターまで全て錆で埋め尽くされていました。

 

 

燃料タンクへの配管もこの有様でした。

 

部品がある車は交換すればいいのですが、無い車は本当に大変です。

部品が無い上に、代用部品が無いとなると結構大変です。

 

異常があったら早めに修理をしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

タント ブレーキ修理

いつもお世話になっております、アクセルです!

 

昨日久々にバイクに乗ったのですが、普段着で乗るのはもう限界でした。

足下はエンジンの熱で暖かいのですが、上半身が寒くて寒くて、震えちゃいました。

 

グリップヒーターが唯一の救いで、これが無ければ5分で帰ったと思います。

 

 

さて、本日の作業紹介はブレーキ修理です。

 

アクセルの常連さんが紹介してくれた初来店のお客様ですが、パッドが無いまま3ヶ月くらい走行していたとのお話しでした。

 

 

外したローターはガリガリで、ほんの少し動かしただけでギャーという感じでした。

 

 

ブレーキパッドも勿論完全になくなっていて、

 

新品との比較をお客様にお見せしたら驚いていました。

 

この状態で走るのは本当に危険だから次は絶対にダメだよ、と危険性を認識してもらうように具体的な状況を説明しました。

 

原因はブレーキキャリパーの固着で、

 

 

ダストブーツが切れて、水が入り込みピストンが完全に固着していました。

 

ブレーキキャリパーのオーバーホールとブレーキパット・ローターを交換して、無事修理完了です。

 

ありがとうございました!

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スナップオン 

いつもお世話になっております、アクセルです!

 

毎日朝の冷え込みが厳しくなりました。

油断すると風邪をひきそうなので、私も気をつけています。

 

さて、アクセルでは色々な工具を使用していますが、今日はスナップオンの紹介です。

 

スナップオンは、工具を満載したバンで毎週担当の営業マンが寄ってくれます。

 

アクセル担当の方は、押しが強いのでついつい買ってしまいますが、私はマニアでは無いので便利ツールだけ購入しています。

 

今自分で使用していて気に入っているのは、1/4の頭が丸のラチェットで、自分の腕力では何をするにも丁度良いです。

そのラチェットにフレキシブルでは無い、ネプロスの延長を付けて作業するのが好きです。

 

メガネは、角度がなんかしっくりくるのが無くて、マックが良かったりと人それぞれ好みがあると思います。

 

そんなスナップオンの担当者が持ってきてくれたのが、新しい汎用OBDツールです。

 

 

見れる範囲が増えたのと、輸入車のライト等のコーディング対応が増えたらしいです。

 

 

使用してみると、タブレットというだけあって、今までよりもタブレットぽくなっていました。

 

 

お試しでお借りしたので、色々使い倒しましたが、今回はお試しで終了とさせて頂きました。

 

佐○さん、ゴメンなさいね!

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ゴルフ后.ム角センサー交換

いつもお世話になっております、アクセルです!

 

先日私の尊敬する大先輩から短いメールが来ました。

心温まる内容で、嬉しいのと共にやる気がマックスになりました。

 

急に冷えるようになった2週間くらい前から喘息が再発し、放っておいたら気管支炎になってしまい、大量の薬漬けで眠くて頭がボーッとしている日々が続いていたのですが、シャキッとしました。

 

ありがとうございます!

 

さて、本日の作業はゴルフのカム角センサー交換です。

 

現状はエンジンチェックランプが点灯して、アイドリングが少しラフ、そして高回転まで吹けない、といった症状があります。

 

診断機で確認すると、カムセンサー異常という非常に分かりやすい表示が出たので迷わず交換です。

大体このような症状の場合、点火異常とか、色々エラーコードが一緒に出るので故障を確定するまでに慎重にならなけらばいけないのですが、間違いないと判断しました。

 

これぞゴルフ!というカバーを外して、

 

センサーを探します。

 

 

 

いました!

 

 

これが故障してしまったセンサーです!

 

 

左が故障したセンサーで、右が新品のセンサーです。

 

毎回センサー交換の時は、

「どうか無事に直ってくれますように…」

とお祈りしてしまいます。

 

目で故障が分からない部品は、なんとなく無事に修理が終わるまで心配です。

 

エンジンを掛けて、チェックランプが点灯していないことを確認、最後にテスターでリセットをし、試乗して異常がないことを確認。

 

無事、修理完了しました。

ふ〜、一安心です。

 

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スズキパレットマフラー交換

いつもお世話になっております、アクセルです!

 

毎週金曜日の23時から放送されている、全力!脱力タイムズという番組が楽しみです。

齋藤孝教授の真顔で笑った後に、滝沢カレンさんのナレーションで悶絶しています。何歳になってもくだらない内容が好きですが、笑うのは良い事だ!って思うようにしています。

 

まだ5万kmしか走行していないパレットでしたが、メインサイレンサーが裂けてしまい、サイレンサー前後で折れもあったので新品に交換しました。

 

 

今回も

マフラー交換という簡単な作業っぽい響きがするのですが、

 

 

ボルトは14mmが13mmになっていて、まずまず大変でした。

 

 

新品と外したボルトにはこれくらいの差があります。

 

 

食い込んでいるガスケットを外して新品に交換し、錆びたフランジ面をワイヤーブラシで磨いて新しいマフラーを取り付けて完了です。

 

 

排気漏れが無い事を確認して終了です。

 

段々新しい車両が増えてきたので、社外品にはJATAプレートが貼り付けてあります。

 

 

ここ数ヶ月で9回も足を運んでいるJATA、あと10回くらい行かなければなりませんが、親近感が湧くマークです。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |