アクセルブログ

タイヤをはじめとしたカー用品から車検まで、
車のことなら秋田市土崎のアクセルにお任せください!
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< タント ウォーターポンプ交換 | main | リコールとサービスキャンペーンと、車体番号が該当しないけど同じ症状の場合。 >>

ブレーキローター交換

いつもお世話になっております、アクセルです!

 

今回のニュルブルクリンクは、PermitBというニュルブルクリンクのレースに出場する為だけのライセンスを取りに行くのが目的です。

 

ニュルブルクリンクでレースをしているのは、メーカー+プロドライバーか、レーシングチーム+プロドライバーなので、私とはレベルが全然違う次元で色々物事が動いています。

 

例えば、申し込み用紙もドイツ語なので、結構大変です。

翻訳ソフトという便利なものがありますが、PDFなのでコピーも出来なく、また翻訳ソフトで調べても英語と違って文例が少ないのか全くチンプンカンプンです。

 

そこから、筆記テストがあるのですが、これがまた難易度が高く、4択問題が10問あり、全部に正解しないと合格になりません。

更に4択なのに、正解が一つではなく、例えば4択で3つが正解という事もあるので、実質40問の○×に全問正解しないとなりません。

 

英語のひっかけ問題40問、自分達はレースを理解している通訳を依頼するのもノーマネーなので、全て自力で頑張らなければなりません。

 

というような準備をしています…

 

今回はVLNというレースにも出場する為、JAFの海外競技出場証明書・メディカルチェック・国際ライセンスも用意しています。

同行する3人の分も、現地としっかりと連絡を取り、滞りなく進めました。

 

4人で行き、そのうち2人はニュルブルクリンクが初めてで自分が案内をするので、責任重大です!

同行する皆様は社会的立場もある方々なので、無事日本に戻る事が必須条件です。

 

という、ニュルブルクリンクへの準備をしているさなか、入庫した車輛の作業紹介です。

 

『走行中、シャンシャンと音がして、ブレーキ踏むと、ゴーって音がするんだよね〜』

という内容です。

 

リフトで確認してみると

 

完全にブレーキパッドが無くなり、ローターが凄く削れていました。

 

 

表側から見ると、ギリギリ大丈夫な気もするかもしれませんが、必ずしも内外均等に減る訳ではないので、気を付けて下さいね!

 

 

外したローターは大分削れていました。

 

 

ブレーキパッドもゼロmmです。

剥離したとかではなく、摩耗だと思います。

 

新品ブレーキローターとパッドに交換しました。

これで通常の制動距離で停まれると思います。

 

おそらくお客様は、40km/h程度しかスピードを出さないと思われます。

これで80km/hくらい出してブレーキを踏もうとしたら、足をペダルに載せた瞬間、音と振動が凄いと思います。

 

スピードを出していなくても、危ない!と思った時の急制動は通常の操作通りに行きません。

 

こうならない前に、何か異常を感じたら、早めにディーラーさんや、お近くの整備工場で点検するようにしましょう!!!

 

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ac-cel.jugem.jp/trackback/609
この記事に対するトラックバック