アクセルブログ

タイヤをはじめとしたカー用品から車検まで、
車のことなら秋田市土崎のアクセルにお任せください!
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ステップワゴン K20A イグニッションコイル交換 | main | ハブベアリング交換 >>

インガソールランド電動インパクト

いつもお世話になっております、アクセルです!

 

不注意で物を壊してしまったときにいつも思い出す文章があります。

 

確か、小学校の教科書か参考書の問題に掲載されていたのですが、子供心にウソをつく・隠し事をする・言い訳をするのは良くないことで、素直に話をする、誤る、というのは難しそうだけど、結果それが出来ないようでは集団生活で生きていけないのではないか?と怖くなったのをよく覚えています。

 

父からもらったお土産のペン立てを私の不注意で落として割ってしまった。

そしてその事を父に言わず時が過ぎた。

ある時父が、「お土産に買ってきたペン立てはどうした?」と聞かれ、私は、「壊れたから捨てた」と答えた。

すると父は、「壊れたのか?壊したのか?どちらか」と私に言い放った。

 

といった内容で、お父さんにペン立てが自然に壊れるわけないだろ、壊したなら壊したって言え!と怒られた?

怒られたと書いてあったか不安ですが、いずれその言葉にはっとした、という内容でした。向田邦子さんの小説だったと思います。

 

壊れたと壊したは大違いです。

不注意であるのか、偶然であるのか、寿命なのか、様々ではありますが、壊れたと壊したの判断は、自分がするのと共に、評価と一緒で他人がどう捉えるのかによって、どちらにもなります。

 

 

さて、私は壊れた!と言いたかったのですが、道具を壊してしまいました。

 

毎日ハードに使用している愛用電動インパクトの電池を充電していたのですが、

 

 

いつもと違うところで充電していて、充電機の線に足を引っかけて1mくらいの高さから落としてしまい、充電機が壊れました。。。

ではなく、充電機を壊しました。。。

 

 

中身を見てみましたが、半田の取れや基板の取れはなかったので基板がコンデンサーを壊してしまったと思い、修理の問い合わせをしてみたのですが、意外に海外製というだけであちこちで出来ませんと言われてしまい、仕方無く新品を購入することになりました。

 

5年くらいしか経過していませんが、品番が変わっていて代替品になっていました。

 

 

早速充電してみると、ん〜?なんか微妙に力が強くなった気がする…。

そして明らかに満タン4個点灯〜2個点灯まで長持ちするようになった!

 

これはもしかして、ゆっくりと充電機の性能も落ちていたのか???

もしくは代替品の充電能力は電池パックを痛めつけるくらいマックスまで充電するのか???

 

電池の持ちが3倍くらいになっている理由がメチャクチャ気になりますが、充電機が劣化していたに賭けて、リチウムイオンの電池パックが壊れないことを祈ります。

 

本日は壊した懺悔でした。

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ac-cel.jugem.jp/trackback/636
この記事に対するトラックバック