アクセルブログ

タイヤをはじめとしたカー用品から車検まで、
車のことなら秋田市土崎のアクセルにお任せください!
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 保証期間延長すればいいのに・・・ | main | アルファロメオ ヘッドライト交換 >>

タペットカバーパッキン交換

いつもお世話になっております、アクセルです!

 

本日の片付けにて、吉川晃司さんのCDを発見しました!

1992年9月9日発売のCDでした。吉川さんが27歳、私が17歳の時のCDです。

 

 

このジャケット写真からは、下町ロケットの財前部長は想像できませんが、神無月さんはちょっと想像できるな〜と笑ってしまいました。

 

 

さて本日の作業紹介は、あまり気が付かないけど、よくある部品交換です。

 

エンジンのカムカバー・タペットカバーと言われる部品です。

 

 

外側のフチに沿って、ゴムのパッキンが入っています。

 

 

このカバーが、エンジンの最上部の蓋をしています。

 

ここからオイル漏れが発生すると、少しずつオイルがエンジンに沿って垂れていきます。

段々漏れの量が多くなると、エキゾーストマニホールドやマフラーにポタポタ落ちるようになります。

 

この段階になるとオイルが焼けるような臭いがするので、ドライバーも気が付きますが、少しの滲みだと気が付かないことがほとんどです。

 

今回は、ボタボタ垂れているような状態だったので、車検整備の一つとして作業しました。

 

しっかり洗浄して、試走して、漏れが止まったことを確認してから納車しました。

 

ありがとうございました!

 

 

 

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ac-cel.jugem.jp/trackback/641
この記事に対するトラックバック