アクセルブログ

タイヤをはじめとしたカー用品から車検まで、
車のことなら秋田市土崎のアクセルにお任せください!
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< エアコンリフレッシュ!!! | main | クラウン アスリートG 3.5L 納車 >>

ゴルフ此.拭璽咼麈朶標魎

いつもお世話になっております、アクセルです!

 

ドッカンターボと表現されたようなターボエンジンの少し後のターボ、1JZ・2JZ・RB26等のエンジンが大好きでしたが、ターボ+FRというパッケージがほぼ無くなってしまいました。

 

それ以後、このゴルフ困△燭蠅ら、世界的に小排気量+ターボが増えてきました。

環境問題に配慮した、小排気量だけど日常使用に不満が出ないようなある程度のパワーを持つ、高効率パッケージです。

 

通勤・お買い物くらいに使用するには、本当に効率的な車だと思いますが、ちょっと故障してしまったので修理します!

 

 

ターボには、潤滑に使用するオイルと冷却の為のクーラントの配管が付いています。

日本車のタービン配管は、銅パッキンが仕様されているのですが、ゴルフのパッキンはゴムパッキンです。

 

 

ゴムパッキンで大丈夫とのメーカー判断でしょうが、当然高熱を持つ部分なので金属パッキンよりは痛みが早く、よくある症状です。

 

タービンとの接続部分から、オイルと冷却水が漏れてしまいます。

 

 

今回はゴム部分だけでなく、直角になっているライン部分にクラックが入り、そこからも漏れていたので配管ごと交換することにしました。

 

 

こんな感じで、タービン2ヶ所に接続しています。

 

配管のクラックが広がり、折れてしまうとクーラントとオイルが漏れてしまい、タービンブロー、オイルもクーラントもエンジンと供用なので最悪エンジンまで壊れてしまいます。

 

 

 

 

今回は割と早めに気が付いたので大事には至りませんでしたが、それでもクーラントはかなり減っていました。

 

ライン交換後に接続部分から漏れが無い事、エンジンオイルとクーラントも交換して、規定量を確認して試乗。

異常がないことを確認してから納車しました。

 

ありがとうございました!

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ac-cel.jugem.jp/trackback/648
この記事に対するトラックバック