アクセルブログ

タイヤをはじめとしたカー用品から車検まで、
車のことなら秋田市土崎のアクセルにお任せください!
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< タント ブレーキ修理 | main |

ノート給油口交換

いつもお世話になっております、アクセルです!

 

皆さんは新国道のアストロプロダクツをご存じですか?

激安工具を販売しているのお店なんですがなかなか面白いお店です。私がアストロプロダクツの存在を知ったのは7〜8年前だったはずですが、その頃と比べると品質が素晴らしく良くなっています(ハンドツールが特に。工具箱は価格が3分の1と考えれば良いのかもしれません)

 

昔は本当にお安いだけの工具という感じでしたが、最近はスナップオンやマック、KTCなどの良い部分を多分盗みまくって次々に新製品を出しています。特にラチェット部品なんかは、ブルーポイントと工場が同じなんじゃないの?ってくらい見た目も少し渋い感触もよく似ています。

 

私もたま〜にしか使用しないトラック用の工具や、輸入車用の便利ツール、壊してもいいような工具、加工して使用する工具として利用していますが、昨日はオイルジョッキを購入してきました。

 

980円で、5Lの蓋付きのオイルジョッキが購入出来るなんて最高です。

 

 

 

さて、本日の作業紹介は、ノートの給油口交換です。

 

私も自分の車の給油口しか見ていなくて、お客様の給油口は見ていませんでしたが、今度から確認しようと思いました。

 

 

なんと給油口がこんな風になっていました。

 

ガソリンタンクに錆が入ってしまいます。

 

驚いたことに、日産部品にこの部分からガソリンタンクまでのフルキットの在庫がありました。

ということは、こうなる車両が多いという事です。

 

 

給油口の先端だけ交換するか考えましたが、お客様に内容をお伝えして、ガソリンタンクまでの配管も交換しました。

 

 

作業自体はこの車の場合それ程難しくはありません。

 

 

タイヤハウス内が錆びるのならまだ分かるのですが、

 

 

この部分がこれ程錆びてしまうのは、材質に原因があると思われます。

 

 

これからはガソリンを入れる度に、不安にならなくてすみます。

 

昔の車両はフューエルフィルターが付いていましたが、ガソリンの品質もよくなり、またフューエルポンプストレーナーの性能も良くなったので、今の車は着いていない車の方が多いです。

 

するとポンプのストレーナーの次はインジェクターが詰まることになるので、結構大変な事態になる可能性もあります。

 

もし同じような状態になっていたら、早めの交換をオススメ致します。

 

 

今現在、同じような状態になった車両を修理しているのですが、もっと酷くなった状態でクランキングを連続で行った結果(おそらく)、

 

 

燃料タンクから配管から、フューエルデスビ、インジェクターまで全て錆で埋め尽くされていました。

 

 

燃料タンクへの配管もこの有様でした。

 

部品がある車は交換すればいいのですが、無い車は本当に大変です。

部品が無い上に、代用部品が無いとなると結構大変です。

 

異常があったら早めに修理をしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ac-cel.jugem.jp/trackback/656
この記事に対するトラックバック