アクセルブログ

タイヤをはじめとしたカー用品から車検まで、
車のことなら秋田市土崎のアクセルにお任せください!
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ノート給油口交換 | main | ヘッドライト磨き >>

スライドピン

いつもお世話になっております、アクセルです!

 

大分冷え込んできましたね。

昨日285号線を通り大館まで行ってきたのですが、道路が見えないくらい落ち葉が溜まっている部分があり、何気なくブレーキ踏んだらデデデデーっとABSが作動して、4輪制御も入り、かなり恐ろしかったです。

 

スタッドレスタイヤは夏タイヤと比較すると、ゴムが柔らかくよく動きます。

 

ドライ路面ではスピードを出すとフニャフニャした感じで、急ブレーキを踏むとすぐにABSも作動して動きも不安定です。

 

特にスタッドレスタイヤに交換した後で、夏タイヤと同じようなスピードで高速道路を走ると、何かあったときに停まらないし、避けられもしないので、皆さん気を付けてください。

 

さて、本日の作業はブレーキ整備です。

 

車検時の分解整備ではブレーキキャリパーを外して清掃しますが、スライドピンという部品が錆びていることがあります。

この部品は、グリスを塗られた上で、ゴムのシールが被さっているので本当は錆びない仕組みなのですが、わずかな水の侵入や、ブーツの切れ、またグリス切れによって少しずつ錆びていきます。

 

錆びてしまうと固着して、キャリパーがしっかりと動かなくなってしまいます。

 

すると、ブレーキを踏みっぱなしの状態、もしくは、内側や外側だけずっとブレーキパッドに力が掛かったまま接している状態になってしまいます。

 

 

そうならないようにスライドピンは、このように磨いて錆を落とし、専用のグリスを塗ってから装着します。

 

ブールが切れているときは、その部品も交換します。

 

何度かブレーキキャリパーのシールキット交換を紹介していますが、ブレーキキャリパーピストンとスライドピンの固着は、ブレーキ動作の異常に繋がるので、しっかりと常に点検しております。

 

アクセルでお預かりした車検整備の車両は、見えない部分ではありますが、このようにしっかりと整備しております!

 

 

 

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ac-cel.jugem.jp/trackback/657
この記事に対するトラックバック