アクセルブログ

タイヤをはじめとしたカー用品から車検まで、
車のことなら秋田市土崎のアクセルにお任せください!
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< タイヤ交換時の点検 | main |

SUGO180耐感 (180分耐久レース)

いつもお世話になっております、アクセルです。

 

毎日毎日図鑑を読みあさる日々が続いていますが、自分が小学校の時に一番飛ぶ(幅跳び)動物は、トムソンガゼルで12mだったとしっかりした記憶があるのですが、今はユキヒョウの15mになっていました。

 

動物も研究されているんですね〜

 

 

さて、かなり久しぶりにサーキットに行ってきました。

今回は、レクサスCCS-Rでの参加で、メンバーは私以外はレース経験がとても豊富な方々ばかりで、私は車の調子を見て、ちょっと転がす程度と雑用で行きました。

 

レース前に完熟走行という、コース確認と自分の車両の確認をする時間があるのですが、そこで奥様方2人に運転してもらいました。

 

 

本物のレースカーでサーキット走行という経験はなかなか無いので、どうしても経験して欲しくて強制的に走ってもらいました!

 

奥様2人が、ズボボボボ〜と直管V8を轟かせて走らせている姿はちょっと笑えました(笑

 

 

 

予選は名古屋から強制参加のドライバーにお願いしました。

 

 

走行前は、いつも両手を足の上に揃えて乗せてじっとしています。

 

 

難しい顔で精神集中しています…。

 

メットのバイザーは、 『I ハートマーク The Ring 』。

多分ニュルブルクリンクが好きなんだと思います。

 

彼はいつもいじらせてもらっていますが、全てが一流の尊敬している友人です。

人間的にも、考え方も、応対も、腕も、一流です。

 

写真を撮られる時のポーズだけ、なんか変ですが…。

 

 

3周走行して34秒で戻ってきて、予選はポールポジションです。

 

 

スタートはローリングスタートです。

2位の996GT3は動きも良く速い車だったので、ローリングスタートでなければオートマといえども多分1コーナーまでで抜かれたと思いますが、順位変わらず1周目が終わり、決勝なのにタイムアタックをして33秒で2周走行した後は、35〜37秒で走り続けました。

 

 

順調に走行を続けていたのですが、3人目のドライバーに変更した直後…

 

 

タイヤがバーストしてしまい、リタイアとなりました。。。

 

ピットまで戻ってタイヤ交換もしたのですが、振動が出ていたので足回りにダメージがあったと判断してリタイアです。

 

結果は残念でしたが、初めて一緒にレースをしたお二人と奥様達にとても楽しませてもらいました。

 

今までの自分は、サーキットに行くと絶対にタイムを出さなければならない、とか勝たなければならない、という気持ちが強く、どこか純粋に楽しめない部分がありましたが、今回は『仲間とサーキット遊び』という感じで、楽しかったです。

 

サーキットもタイムを出す、勝つ、というのも楽しみ方の一つではありますが、

車の動きを感じる

何故このような仕様でトヨタとTRDが完成させたのかを考える

0.3秒遅いだけでタイヤが何倍も長持ちする

0.5秒遅いだけで加速度的に痛むパーツが傷まない

同じタイムでも車にダメージが無いように

 

等々、テーマを持って走行すると経験値も格段に上がると思います。

 

ノーマル車両でも、ヨーコントロールを常に意識していると車の運転は巧くなるはず。

サーキット走行で得た経験と知識を、無事故無違反に繋げていきたいと思います。

 

みなさん、楽しい時間をありがとうございました!

 

 

 

 

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ac-cel.jugem.jp/trackback/661
この記事に対するトラックバック