アクセルブログ

タイヤをはじめとしたカー用品から車検まで、
車のことなら秋田市土崎のアクセルにお任せください!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< カローラフィールダー プラグ交換 | main | ホイールクリーナー比べ >>

FD2 R1TITANマフラー交換

いつもお世話になっております、アクセルです!

 

昨晩自宅車庫の片づけをしました。

大事に保管していた物と、なんとなく捨てずに持っていた物、明らかに使用しないのに、置いているもの、色々ありましたが、もう本当に色々捨てました。

 

軽トラ2台分捨てました。スノーボードとスキーなんかもう10年も行っていないのに、4枚も板セットがあり、靴もウエアーも全部捨てました。

 

他には、スピーカーとアンプが大量にあったので、それも全部捨てました。

いつか使うはず、と思い残していましたが、20年前のアンプレスデッキとスピーカーの出番はもうありません。。。

 

本は凄く悩みましたが、変色しているような本は廃棄しました。

車庫行きにする時点で一度悩んだ本は、やはり内容を思い出しても、なくてもいいかと思ってしまいました。

本はインテリアにするよりも、ふとした時に手に取って10分でも見て、なるほど!と思うことが一つあれば十分です。

 

昔は歴史書を見ましたが、最近は新書をよく読みます。

自分はこれで成功しました!という本は見ても面白くないので、これで失敗しました。という本があれば見てみます。

成功しました!は多種多様ですが、失敗しました。の内容はどれも共通しています。

 

そうならないように気をつけていますが、泣き落としに弱いのはどうにも治りません。

 

 

 

さて、本日の作業紹介は、FD2のマフラー交換です。

 

 

まずマフラーを外して、

 

 

 

センターパイプを付けます。

 

 

センターパイプは、縦にサブサイレンサーが付いてきます。

 

 

 

大きなサイレンサーで消音がしっかりできます。形を工夫することで、最低地上高を大きく確保しています。

中身はストレート構造です。

 

 

 

完成後に排気漏れが無いかを確認して、サイレンサー内部のアドバンテックスの袋が燃えるまで今回は走行させて頂きました。

 

R1TITANは、弊社の登録商標で弊社の販売商品となっております。

色々と誤解されている方で詳細を知りたい方は、是非弊社までお越しください。

 

資料と共に、じっくりとご説明させて頂きます!

 

 

 

- | permalink | comments(0) | - | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする