アクセルブログ

タイヤをはじめとしたカー用品から車検まで、
車のことなら秋田市土崎のアクセルにお任せください!
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ジムニー 排気温度センサー交換 | main |

RX-8 クラッチ交換

いつもお世話になっております、アクセルです!

 

先日お客様がGTSPORTSをず〜っと楽しんでいてくれました。

その時に気が付いたのですが!

 

https://www.gran-turismo.com/jp/gtsport/top/

 

本年も国体競技にグランツーリスモスポーツが選ばれていました!

早速忘れていた登録方法を思い出して、オンライン予選タイムトライアルにエントリーしました。

 

コースは、九州のオートポリスインターナショナルレーシングコースです!

このコースは実車で走ったことはありません。

GTでもほぼやったことがありません。

 

少し走ってみましたが、最初は47〜48秒。車は458GT3とスープラGT3です。

や、やりにくい…。ギヤ比も合わないし、コースが難しい!

 

そして、一番操作しやすいR8で走っても、ブレーキでオーバー、アクセルオンでアンダーで、走りにくい…。

ブレーキを少しフロント寄りにして、走るところを変えて(カントがあるのか何か所か難しい)やっと46秒。

 

しかし!

同じ秋田県の一位の方は、44秒1!

他県とトップクラスの方々と比べても相当速い!!

そして、カチャカチャいじるとゴーストをダウンロード出来たので、姑息ですがスーパー速い方を先生にして2時間頑張りました。

 

前半の右ヘアピンまではほぼ同じ、しかしその後の高速上り〜頂上の左ヘアピンで思いっきり離されてしまいます。

タイムは、やっと45秒。45秒3まではセクターで見えましたが、44秒1は遥かに遠いです。

 

なんとか44秒には入れたいですが、厳しそうです。

昨年秋田県のオフライン予選を見ていて思ったのですが、上位の方は全員両足操作でした。

「2ペダルでも実車で左足ブレーキしたら、死んでしまうわ!俺は実車と同じ扱いにする!!」

 

と、意地でも右足だけでタイムを出してやると思っていますが、チョンブレ・ブレーキリリース後の微妙なアクセルオンを理解するには左足も覚えるべきかな?とも思います。

(タイムを出せない言い訳)

 

 

さて、本日の作業紹介は、納車整備のRX-8クラッチ交換です。

 

 

まずはミッションを降ろして、

 

 

ディスクを確認します。

 

 

ORCの純正タイプが入っていました。

ディスクの摩耗が激しかったので、ディスクだけ交換することにしました。

 

車がローパワーなこと、ディスクだけ異常に摩耗していることから、半クラッチを多用したと思われます。

 

 

クラッチの粉だらけになっていたので、しっかり清掃します。

(既にさっと拭いています。)

 

 

外で、ブレーキクリーナーを使いながら、

 

 

しっかりと洗浄していきます。

 

この状態から、もう少し洗浄していきます。

 

つづく。

 

- | permalink | comments(0) | - | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする