アクセルブログ

タイヤをはじめとしたカー用品から車検まで、
車のことなら秋田市土崎のアクセルにお任せください!
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< インプレッサ EGR交換 | main | ハマー エアサス交換 >>

コペン バックカメラ取付け

いつもお世話になっております、アクセルです!

 

今日もお客様から頂いてしました。

 

 

大好きなお菓子!

ヨックモックのこれ!赤い方が中にチョコレートが入っているのですが、メチャクチャ美味しいです。

 

こちらはお客様の許可を頂き、均等割りではなく、私が沢山食べました。

 

ありがとうございます!

 

 

さて、本日の作業紹介は、コペンのバックカメラ取付です。

 

 

バックカメラの取付は、ラクではないです。

と言っても、何がラクじゃないのか、ピンと来ないと思いますので、厳しい面をご紹介します。

 

1.内装を外す際に内装を絶対に傷付けないようにするのが大変です。

養生して大丈夫という訳ではなく、養生してもあてないようにしないと金具で擦れば一撃で傷が入ります。

 

2.内装のクリップを折らないようにするのが大変です。

滅多にクリップを折る事はありませんが、その車種によってどうした!?というほど硬い場合があります。これと同じで、ブレーキランプ球を交換する時にテールレンズのピンが全然取れない時も嫌です。

 

3.車種によって内装の造りが、なぜこうなっている?というほどばらさないといけない場合あります。

4.元からの配線がない場合、バンパーやトランク、リアゲートの穴あけ加工が必要になります。錆びないように鈑金屋さんが使用する2液の錆止めを使用しますが、長い目で見ると100%ではありません。

 

あとは、さほどでもありませんが、純正のようにきちんと取り付けようとすると「ラク」ではありません。

 

 

まずトランク側から作業を進めます。

 

 

純正の配線と一緒にパッキンの中をしっかり通さないと、後から雨漏りを起こします。

 

当たり前ですが、見えない部分もさぼらず作業します。

 

 

取付後は、画角を確認して、見難いようでしたら調整します。

 

 

今回も無事取付完了しました!

ありがとうございました!!

 

 

- | permalink | comments(0) | - | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする