アクセルブログ

タイヤをはじめとしたカー用品から車検まで、
車のことなら秋田市土崎のアクセルにお任せください!
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< z33 クラッチレリーズシリンダー交換 | main | ミニも大きくなった! >>

痛ましい事故

いつもお世話になっております、アクセルです。

 

先日首都高でポルシェがbBに追突した事故のドライブレコーダーをユーチューブで見ました。

 

酷い事故です。

 

被害者の方には何の落ち度もありません。

後ろを走行していたトラックにも何の落ち度もありません。

死んで詫びるべきなのが、GT2RSを運転していたドライバーです。

 

最初に事故後のbBの壊れ具合を見た時、走行時に追突され(停車にブレーキを踏んでいる状態で追突されれば力の逃げ場が無いので大きく破壊されます)ているとしたら、少なくとも時速100勸幣紊梁度差が無いと、こんなに壊れないので、かなりのスピードが出ていたのは間違いないと思いました。

 

そして、ドライブレコーダーの映像を見た時、250/h程度は出ていると思いました。

 

ドライブレコーダーのフレームノートはほぼ1秒10フレームであること、高速道路の白線が8mであること、白線と白線の間隔が12mであること、一番左のトラックが80/hで走行している仮定し、GT2RSが4.5mであること、全てを合わせて計算すると、最低で240/h、最高で288/h程度のスピードが追突した瞬間出ていたはずです。

 

 

加害者のどうしようもない人間は、おそらく追越し車線を300匐瓩ぢ度で真っすぐ走っていたと思います。

 

トラックのドライブレコーダーを見ると、おそらくウィンカーを出してから6.5秒、トラックが右に車線移動をしはじめてから5秒以上経って追突しています。

 

時速288劼如秒速80mです。

 

つまり、6秒前にトラックがGT2RSを認識するすべは全くありませんでした。

昼間で480m後ろの車を認識することは出来ません。

 

GT2RSの加害者は運転が非常に下手なのと、頭が悪く想像力も働かないどうしようもない人間なので、単純に

「トラックが右にウィンカー出したから真ん中から追越しすればいいや」

と考え、

「真ん中のトラックの前にもう一台の車がいる事を予想しなかった」

と私は考えます。

 

あってはならない事ですが、もしこのようなスピードを出した経験があり、スピードによる力を理解していれば、トラックが右に動いた瞬間ブレーキを踏めば減速は出来ました。

 

自分の車と他の車とのスピードさも分からず、300/h程度から100/h程度に減速するのにどれだかの距離が必要かも分からず、勿論頭も悪そうなので、アクセル全開から右足をブレーキペダルに乗せ、踏み、減速が発生する時間まで0.5秒だとしても40m以上は進んでいることも分からなかったでしょう。

 

報道が本当であれば、「出しすぎちゃった」なんていう言葉がよく出てくるものだと思います。

 

死んで詫びるのが当然と思いますが、少なくともこのような人間に運転免許証を持たせることはしてはならないと思います。

 

 

- | permalink | comments(0) | - | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする