アクセルブログ

タイヤをはじめとしたカー用品から車検まで、
車のことなら秋田市土崎のアクセルにお任せください!
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

エアコンフィルターは2000〜3000円なんで交換をオススメします!

いつもお世話になっております!

 

アクセルでは、色々な広告を出していますが、2年前からステキ女子?にデザインをお願いしています。

 

今日・明日と来週、市内全体的に折込が入っています。

 

今回は車検のチラシです。

 

 

裏面には保険の内容も記載してみました。

 

車検の基本料金に関しては、何とか割引とか沢山並べても分かりにくいので、一律9,800円(激しい改造車等は除く)としています。

 

最初にご来店していただき、車輌状態を確認して見積を作成し、それから予約といった順序になっています!

 

 

さて、本日の作業紹介は、エアコンフィルターとエアエレメント(エンジンに入る空気のフィルター)の交換です。

 

こちらが外したエアコンフィルターです。

 

 

今月5年間未交換でした。

 

 

カワイイワンちゃんがいつも同乗しているので、毛が結構ついてしまっています。

 

たばこを吸われる方は特に、無交換期間が長いとヤニがフィルターを通過して、ヒーターコアのファンがヤニだらけで固まってしまうこともあります。

 

 

エアエレメントは記録簿が無いのでどれくらい未交換か分かりませんが、

 

 

こちらもかなり汚れが詰まっていました。

 

こうなると、フィルターの役目を果たさなくなってしまい、エンジンに入る空気の量が減ってしまいます。

 

どちらのフィルターも軽自動車は、1,500円~3,000円程度、普通車でも1,500円から高くて5,000円程度なので、定期的な交換をオススメします!!!

 

 

 

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ランドクルーザー ファンカップリング交換

いつもお世話になっております、アクセルです!

 

4月2日に、SUGOでAttackというイベントがあります。

https://www.timeattack.co.jp/

 

フォーミュラカーでなければ、なんでもあり、なんでもありで最速を決める!というイベントがあります。

 

そこにZ33でエントリーすることにしました!

https://www.timeattack.co.jp/event/170402/el/class1/

 

 

筑波で1分を切るタイムが、SUGOだと1分30秒切りくらいだと思います。

 

現在エントリーしている上位車輌は、

ドライバーの腕はプロ級

車輌はレーシングカー並(エンジンは超えている)

やる気と根性、負けず嫌いは見習わなければならないくらいの凄い方々なので、見ているだけでも十分楽しいと思います。

 

 

さて本日の作業紹介は、ランドクルーザーのファンカップリング交換です。

 

ファンカップリングというのは、

このような形をしていまして、中心の蚊取り線香のような部分で温度を関知して、中にある固い流動体が回るようになっています。

温度が低いときは粘度が高くて回らないのですが、温度が高くなると粘度が柔らかくなり、クルクル回るようになるという、温度で回転する便利なクラッチのようなものです。

 

このようにファンにくっついていまして、

 

 

温度が上がるとファンが回り、下がると止まるという仕組みです。

 

 

少し前のトヨタの大型エンジンには多く採用されています。

 

ファンカップリングが壊れてしまうと、最終的にはファンが回らなくなってオーバーヒートしてしまいます。

 

大体完全に壊れる前に、ガチャン・カチャカチャ、といった異音が発生します。

 

今回も無事修理完了致しました。

 

ありがとうございます!!!

 

 

 

 

 

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

新種の生き物?

いつもお世話になっております、アクセルです!

 

本日ブレーキを踏むとガーガー音がするということで、お客様が来店されました。

 

早速リフトで車輌を上げて確認してみると…、

 

 

外側はパッと見て、ん〜大分薄くなっているな!という感じですが、

 

 

内側はガビガビに削れていました。

 

ブレーキパッドが完全に無くなっていたのが原因です。

 

新品との比較では、

 

このようになり、摩材部分が完全に無くなってしまい、地金でローターをガリガリ削っている状態でした。

 

 

ABSセンサーには、

 

 

削れた鉄粉で、新種の生き物が住み着いているようになっていました。

 

こうなると、ブレーキを少し踏んだだけでガーというかゴーというかゴリゴリする感触が足に伝わってくるはずなのですが、ある日突然じゃなくて次第に違和感が増えていくと気が付かないものなのかもしれません。。。

 

でも、スピード出していたら100%普通の制動距離では止まりません。

かなり危険な状態です。

 

ブレーキがここまで摩耗するには、通常の摩耗と、もう一つブレーキキャリパーの固着というトラブルがあります。

ブレーキキャリパーのピストンがスムーズに動かなくなってしまい、ずっとブレーキを踏んだままの状態になってしまう事があります。

 

10年10万kmを超えたあたりから増え始めるトラブルですが、車検の時にはブレーキを分解するので発見できます。

でも、完璧に発見するのはなかなか難しいトラブルでもあります。

 

ある日突然というよりは、ゴムシールが切れて、水が入ってピストンが少しずつ錆びて動きが悪くなり、最後はピストンが出っぱなしになってしまい、ブレーキを引きづったままになってしまう、という順で進行していきます。

 

敏感な人は、何かブレーキに違和感があるな?

と感じると思います。

 

ブレーキに限らず、何かいつもと違うな〜?

と思ったら、お近くの整備工場やディーラーさんで確認してもらうようにしましょう!!!

 

 

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

新型50プリウスの見えない凄さ

いつもお世話になっております、アクセルです!

 

アクセルではハイブリッド車輌の販売・整備もバッチリOKです。

 

バッチリOKにするために、低圧電気取扱の資格も取得していますし、会社としてもプリウスを購入して実験台にしました。

エアコン機器もハイブリッド対応にしていますし、絶縁工具も揃えています。

 

コストが掛かりますが、アクセルでもハイブリッド車輌を沢山販売していますし、メンテナンスも車検もしていますので、これからはもっともっとハイブリッド車輌に詳しくならなければなりません。

 

という事で、無理して50プリウスも用意しました!

 

外見が見慣れない事もあり、特に後姿は違和感たっぷりですが、まずは見えない下回りチェックです。

 

30プリウスはリアがホーシングでしたが、今回からがらりと変わりました。

 

 

FFベースとしては、昔では考えられないような足回りです。

 

 

FFですが、後に重たい駆動用バッテリーを積んでいるので、前後の重量バランスは良いです。

ですが、重量物がわりと上部に設置してあるので、リアはストロークが非常に長くなっています。(と思っています)

 

ホーシングから4輪独立になった事と、優れたレイアウトで乗り心地が凄まじく良くなりました。

 

また、フロントからマフラーの部分を除きカバーがされてフラットになるようにしています。

フレームは新しくなったのに、更に補強バーも追加されています。

 

 

よほど空力にこだわったのか、

 

 

マフラーも含めて、リアディフューザーになっています。(と推察されます)

 

 

凄い事だと思います。

 

更によく見てみると、

 

 

横置きのサイレンサー前のパイプが楕円になって、底面が筒状ではなくフラットになっているのが分かります。

 

これはマフラーを絞って流速を上げているのか、ここも空力のパーツにしているのかは分かりませんが、いずれにしろレーシングカーの技術を沢山使っています。(間違いありません)

 

ボディのしっかり感が出た、高速行きでの安定性が増した、というのは下回りの見えない造りが大きく付与していると思います。

 

ん〜、プリウス。

やるね!

 

これで見た目がもっと普通だったら良かったのにな〜って思っているトヨタの営業マンは多そうです(笑

 

 

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

本日の車検整備!

いつもお世話になっております、アクセルです!

 

皆さんはケーキは何が好きですか?

私はチョコのケーキが好きです。ガトーショコラが一番好きだと思います。

 

思います、というのは、ショーケースを見ていると、

「オッ、モンブラン美味そう〜、タルトもあるじゃないか!そういえば俺アップルパイ一番好きだったよね〜」

 

なんて、目移りしてしまい、一番の好物がなんだか自分でもイマイチ分かりません…。

 

そして!

 

 

ショートケーキは何故か絶対に選ばないのですが、嫌いな訳ではないのです。

何故選ばないかというと、そもそもケーキって一人で食べないじゃないですか。

それで何個か選ぶと必ず1個はショートケーキになるので、一口だけ味見出来るから?という意地汚い理由で選ばないような気がします。

 

ですが、ショートケーキも大好きなので、美味しく頂きました〜!(今回は1個だけ)

 

ふ〜、さて本日の車検は

まずはレガシー

 

 

この型のレガシーから、トヨタと共通部品が少しずつ目立つようになっています。ナビは思いっきりトヨタと一緒でした。

足回りはスバル独特で、今回前後のブレーキパッドを交換しましたが、特にフロントブレーキは容量がとても大きく、価格もほぼ倍でした。少し動かしただけで、カッチリ感を得られます。

 

 

昨年フルモデルチェンジしたラパンですが、まだまだ新しい車輌です。

ラパンは外から見ると、屋根が低く見えるデザインですが、実はそれほど天井は低くなくて、身長181cmの私が運転しても狭い感じは全く無いです。

 

思い起こせば、ラパンが発売されるまで可愛らしいクルマってあまり無かったように思います。

ミラジーノも少し近い感じがしますが、当初のコンセプトが違いますので、女性向けのデザインってラパンがはしりだと思います。

 

今回ブレーキパッドとファンベルト・エアコンベルトを交換して、エンジンオイル等油脂類も交換しました。

これでまた調子よく乗れると思います。

 

そして、ライフ。

 

 

この型のライフはスパークプラグが1気筒に2本、6本付いています。

 

 

より燃焼効率を高める為の工夫だと思います。

 

同じような設計のフィット等のエンジンL13Aも。プラグが1気筒2本で8本付いています。

こちらのエンジンはライフのエンジンと違って、1~2本取り外しが若干面倒(本当に少しだけ)ですが、ライフのエンジンは交換が簡単です。

 

そして、ライフもフィットもプラグ不良やコイル不良による点火系の不具合がとても多いです。

 

特に5万kmを超えたら車検や点検の際には、1本だけでも良いのでプラグを確認してもらうと良いと思います。

早めに不調を発見できます!

 

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ゴルフ ドライブシャフト内ブーツ交換

いつもお世話になっております、アクセルです!

 

先週の金曜日に、店頭販売していたハイラックスの納車に盛岡まで行ってきました。

フル公認ですが、リフトアップしている車輌で改造箇所が多く、4駆を知っている人には本当に満足出来る1台だと思います。

 

夏タイヤ・冬タイヤ共に新品で納車したのですが、くすんだホイールを

 

この状態から

 

 

ここまで

 

 

磨き上げたり、新品のショックを取り付けたりと、万全の状態で納車出来ました。

 

県外の納車だと特に、気をつけなければなりません。

1度きりかもしれませんが、一期一会を大切にしたいです。

 

さて、本日の作業紹介はゴルフの内側ブーツ交換です。

 

まずはドライブシャフトを取り外し、国産と同じようにブーツを交換します。

 

 

構成部品は若干国産と異なりますが、作りはまあ一緒です。

 

が!

 

 

何故かやたらと大きい6角だったりするのが、輸入車の楽しい所です。

 

デフサイドシールは、昨年末にトゥーランで間違えて部品が来たので、今回は部品屋さんにくどく説明して、

間違いなく来ましたが、

 

 

図面通り頼んでいたら、また全然違う部品がくるところでした。

 

という感じで、無事いつも通り作業して、最後に試運転して異音等が無いか?

しっかり確認して納車しました。

 

ありがとうございます!!!

 

 

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ダイハツ KFエンジン ウォーターポンプ交換

いつもお世話になっております、アクセルです!

 

ニュルブルクリンクというか、ドイツ・欧州全般で気をつけなければいけない事があります。

特に女性は要注意です。

 

それは…、トイレが無い!

です。

 

正しくは、日本のようにあちこちにトイレがあると思ったら大変な目に遭うというニュアンスです。

 

ガイドブックを見ると、トイレは有料で〜す。って書いてあるから、あっそう。有料でもいいよ、って思っていましたが、そもそも有料のトイレも数が少ないです。

 

例えば、マックスバリュのようなスーパーに行ったら、まずトイレありません。従業員用はあると思いますが、子供が行きたいから使わせてくれとお願いしても、断られてしまいます。

 

観光で街中やデパートへ行く分には少し探す程度で済みますが、ニュルブルクリンクのようなのどかな場所へ行くときは要注意です。

 

 

話は変わりますがニュルブルクリンクの走行についてですが、ツーリストはプロレベルよりも一般の方々が圧倒的に多いので、事故が多いです。

土日は朝から晩まで居ると、

 

 

 

このようなコースが封鎖され、積載車で運ばれてきます。

 

 

ここまで壊れると修理も大変です。

気になるのは、タイヤの溝が無い。。。タイムアタックとかではなく、楽しむ方が多いのでそこを気にしないのかもしれません。

 

自損事故だけではなく

『当てられないように常に気を配る』

事が重要です。

 

 

さて本日の作業紹介は、ダイハツKFエンジンのウォーターポンプです。

 

センセーショナルなデビューだったミライースの頃から新しくなったエンジンです。

こちらのエンジンのウォーターポンプが全車両では無かったはずですが、(期限が切れてHPが見れなくなってしまった)保証期間が延長になっていました。

 

ポンプの製品不良で、『キーン』『ガー』といった異音を発することがありました。

『ガー』の音の場合、エアコンやオルタネーターを一瞬疑ってしまいます。全部のベルトを外して確認しないと、サウンドスコープでも音が響いて間違った診断をしてしまう可能性もあると思います。

 

というのもこのウォーターポンプの保証期間は3年間ですが、軽自動車も普通車も通常10万km以下で壊れる事はまず無いです。

ゼロではありませんが、1,000台に1台程度だと思います。(漏れではなく、異音が発生するくらいのレベル)

ウォーターポンプはそうそう壊れないという先入観が悪さをします。

 

 

自分は過去に2台、異音が発生している車輌がたまたま入庫して、ダイハツのサービスキャンペーンで修理してもらった記憶があり、今回もまだ5年1ヶ月・距離4万kmの車輌だったので、持ち込みましたが保証切れで残念ながら対応してもらえませんでした。

 

 

タイミングチェーンなので、タイミングベルトのエンジンよりは交換に時間が掛かりません。

 

ウォーターポンプの交換で、無事修理完了です!

 

ありがとうございます!!!

 

 

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

バモス エキマニ〜マフラー交換

いつもお世話になっております、アクセルです!

 

本日はニュルブルクリンク話です。

ニュルブルクリンクは『ツーリスト』https://www.greenhelldriving.nuerburgring.de/#/landing

と言われる時間がありまして、1周25ユーロで誰でも走れます。(金曜~日曜は今年から30ユーロになりました)

ヘルメットも要らないし、そのまま走れます。

 

 

走っているクルマも様々で、M3やランボルギーニ

 

 

マクラーレンやルノー、お上品な奥様がロールスロイスで爆走したりもしています。

 

自分で走るのはちょっとな〜という方には、

 

 

タクシーもあります。

 

一度M5のタクシーに乗りましたが、ドリフトしてばっかりで楽しませようとするので、全開で走れってくれよ!と言ったら、かなり踏んでくれて怖かったです…。

 

このような感じで、自分で走るのもOK・サーキットタクシーで同乗するのもOK、色々な楽しみ方があります!

 

 

さて、作業紹介はバモスのマフラー交換です。

本当に頻度の高い作業です。

 

触媒一体型エキマニの、触媒部分から排気漏れがあり、

 

 

一度修理しているのですが、どうにもならない程腐食してしまったので交換です。

 

 

リアマフラーも穴が何カ所も開いてしまい、ボロボロになってしまったので交換しました。

 

ついでの作業で、

 

 

ヒーターパイプも交換しました。

 

 

穴が微妙にあいていて塞いでいたのですが、こちらももう何ともならないので、せっかくエキマニを外したのだから一緒に交換をお勧めしました。

 

車体は凄く綺麗で、まだまだ乗りたいというご希望でしたので、一式新品にしましたが、部品代だけで約10万円と非常に高価な作業です。

 

バモスはエキマニもマフラーも種類が多く、特に4駆ターボの車輌は雪国でしか売れないので、中古部品も程度が良いのが残っていません。程度の良い中古部品があれば、安く直せるのですが、部品が無いのが辛いところです。

 

修理で色々とお困りの方は、是非一度ご相談ください!

長く乗りたい方と、次の車検の1年後には買い換える、でも修理しないとどうにもならない、等々お客様の状況は様々です。

 

ご相談いただき、ご希望に添えるように頑張っています!!!

- | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

BMW MINIクーパーターボ 車検整備

いつもお世話になっております、アクセルです!

 

車検は2月〜4月が例年忙しい時期なのですが、今年は1月が凄く忙しくて、そのまま2月も毎日たくさんの整備依頼を頂いております。

皆様、ありがとうございます。

 

さて、アクセルは『地元のくるま屋さん』を目指していて、約8割が女性と年配のお客様です。

そんな感じなので、軽自動車やごく普通のクルマの入庫が多いです。

 

しかしここ数年、輸入車が秋田市内でも増えてきて、特に中古で輸入車をご購入されたお客様からの作業依頼が非常に増えています。

元々私自身も輸入車が好きで乗っていたこともあり、コンピューター診断機も用意しているので整備は普通に出来るのですが、ブログで紹介するとお問い合せを多く頂きます。

 

今日もMINIクーパーの車検整備がありましたので、紹介します。

 

この型のMINIはヘッドライトがボンネットではなく車体側に付いています!

 

 

前の型はヘッドライトの光軸を合わせるのに、調整→ボンネット閉めて→確認→調整、と繰り返さなければならないし、ゆっくりボンネットを閉めないと衝撃でまた光軸がずれたりと、意外に大変なんです…。

 

こちらのMINIはターボエンジンで、

 

 

コンパクトにまとめられています。

 

エンジンオイルや、エレメントを交換しましたが、エレメントも少し部品を外さないと交換出来ないようになっています。

プラグはこんな形状で、締めるのも緩ませるのも気をつけて作業しないといけません。

工具は重要です。

 

バッチリ消耗品の交換をして、エンジンの掛かりも良くなりました!

ありがとうございます!!!

 

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ビルシュタイン本国カレンダー・ニュルブルクリンク打合せ

いつもお世話になっております、アクセルです!

 

2017年度のビルシュタイン本国カレンダーの写真が木更津のパワーハウスアミューズさんから送られてきました。

 

ロングストレートのビルシュタインの橋から撮影した写真です。

 

この写真をアップにすると、

 

2014年に自分が書いた落書きが残っていました!

一緒に書いたパワーハウスアミューズさんのロゴも残っています。

 

ちょっと嬉しいネタです。

 

ちなみに、先月同じ場所から撮影した写真がこれです。

 

 

雪が思いっきり積もっています。

 

ギャラリーコーナーでは、

 

自転車で走って転んでいる面白い人がいました!

 

 

夏の景色とは全く違います。

 

ニュルブルクリンクの近くは山間ということもあり、太陽の日差しは暖かさを感じますが日中でも氷点下で、夜はなんと

 

ー15℃を超えている場所が多くありました。

 

でも、私がいつも宿泊するアパートメントタイプという民家は秋田のように半袖OKくらいギンギンに温めているので、意外に寒さは気になりません。

 

ニュルブルクリンクのプロジェクトを実行するために、時間が掛かりましたが、いよいよ自分でも楽しめる時が来たのと同時に、しっかりと案内できる体制も既に整っております。

 

ニュルブルクリンクの観光もウェルカムです!

近隣の都市もほとんど分かるので、案内もバッチリOKです。常に観光地から少し離れたレストランを選択したので、地元の人ばかりのお店も結構見つけました。

 

ニュルブルクリンクを走行したい方は、こちらからお誘いする事はしませんが、案内と一緒に走行するのはバッチリOKです。

 

 

ニュルブルクリンクを走行するには、

1.最低グランツーリスモで1000周してコースを覚える

2.簡単に死んじゃう可能性がある事を理解した上で準備をする。

が最低限必要です。

 

簡単に死んじゃう可能性があるので、絶対に縁石に乗らない程度の余力を持って走る、とか無線の返事も出来ないような興奮状態にならないようにメンタルを鍛える、とか自分自身のルールを持つことと自制心を多く働かせる事が必要です。

 

例えば、ハンスどうしようかな〜、持ってないしな〜、買った方がいいかな〜、と悩んでしまったら悩んだ時点でアウトです。

死んじゃう可能性を少しでも減らさなければならないので、借りてでも用意するのが当然です。

 

スピードレンジの割りにエスケープが無いのと、映像で見るよりも実際に走るとブラインドコーナーが多く、先で事故っている車輌に追突したり、自分がブレーキ掛けたところに突っ込まれたりする事故も多くあるので、前後を見ながら走らなければなりません。

 

また、路面が激しく波打っているので、とっさの動作をしようとした時に避けきれない事も多くあります。

リスクを想像して、1個1個消していく、最低限のリスクで走行するのが必要です。

 

そこは、プロドライバーの視線とはまた違うところから色々お話出来るかと思います。

 

さて、今回も色々なファクトリーを回って、色々なお話を聞けました。

 

ブラックファルコン、とってもオシャレです。

憧れるな〜…

 

お前、外国かぶれか!

って怒られそうですが、実際パーツ屋さん(問屋)もこんな感じだし、

 

 

名門レーシングチームのフロントだけど、モデルのような事務員さんが出迎えてくれて、

 

 

笑顔がステキなジェントルマンが

 

 

怪しい日本人相手に話しを聞いてくれて、

 

 

なんか色々格好良いんですよね…。

 

あ〜、凄いな〜!!!

 

 

 

 

 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |